最新リアルタイムニュース投稿画像

メインカテゴリー

  • 和食
  • 洋食
  • イタリアン・フレンチ
  • 中華
  • ラーメン・定食
  • うどん・そば
  • 焼肉・焼き鳥・ホルモン
  • カフェ・その他
  • お酒

メールマガジン


登録 削除
 

→概略   →事業   →組織図   規約 


太田飲食店組合規約 (平成15年8月改正)

(名称)
 第1条 本組合は、太田飲食店組合と称する。以下組合と称する。
(所在地)
 第2条 組合は、群馬県太田市内ヶ島町1406番1号に置く。
(目的)
 第3条 組合は組合員の営業並びに食品衛生の改善・向上と相互の親睦・福利厚生を図るを以って目的とする。
(組合員の資格)
 第4条 太田市に営業所を有する飲食業者で、食品衛生法第21条の規定に基づく許可を有し、組合の趣旨に賛同し入会した者で組織する。
(資格の消失)
 第5条 組合員は次の事由により資格を失う。
      1.廃業
      2.組合費を6ヶ月以上未納の者
      3.その他
(事業)
 第6条 組合は第3条の目的達成のために次の事業を行う。
      1.営業の改善に関すること。
      2.食品衛生の向上に関すること。
      3.組合員の福利厚生並びに親睦に関すること。
      4.国民生活金融公庫融資の斡旋と指導に関すること。
      5.その他 組合の目的達成に必要な事項。
(役員)
 第7条 組合に次の役員を置く。
      1.組合長 1名    2.副組合長 若干名    3.各部会長及び支部長 若干名
      4.会計 1名 及び補佐 1名    5.監事 2名
(役員選出方法)
 第8条 組合長及び副組合長は総会において組合員より選出する。各部会長並びに支部長は地域毎に選出する。会計・監事は組合長が之を委嘱する。なお組合長が必要と認めたときは、各委員長並びに支部長を若干名委嘱することもできる。
(役員任期)
 第9条 役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。補欠に依り役員に選任された者の任期は前任者の残存期間とする。又役員は任期満了後も新任者の就任迄そのまま職務を行うものとする。
(職務)
 第10条 組合長は組合を代表し、会務を総理し各会議の議長となる。副組合長は組合長を補佐し組合長事故あるときは、あらかじめ組合長の指名する副組合長がその職務を代行する。
(会議)
 第11条 組合の会議は、総会・三役会・部会長・支部長会とする。
(会議の成立)
 第12条 すべて会議は出席者の過半数を以って決し、可否同数のときは議長が決める。
(総会)
 第13条 組合総会は年1回開催し、組合員(委任を含む)の過半数を以って構成する。
(三役会並びに部会長・支部長会)
 第14条 三役会は正副組合長・会計・監査を持って構成し、が必要と認めたときは部会長・支部長会を開催する。
(委員会)
 第15条 部会長・支部長会は組合長が必要と認めたとき、又は部会長・支部長の半数以上より会議の目的事項を示し請求のあったとき之を召集する。
(議決事項
 第16条 総会並びに部会長・支部長会において議決する事項は次のとおりとする。
       1.総会
         ・年度事業報告の承認
         ・年度収支予算・決算の承認
         ・規約の改正
         ・正副組合長の選出
         ・組合費の賦課微収に関すること
         ・その他組合に関する重大事項
       2.部会長・支部長会
         ・組合の業務執行に関すること
         ・総会に関すること
         ・その他
(経費)
 第17条 組合の経費は組合費・加入金・寄付金その他を以ってこれに充てる
(会計年度)
 第18条 組合の会計年度は毎年1月1日より12月31日を以って終わる。
(施行期日)
 第19条 この規約は平成15年8月1日から施行する。

附則
  1.組合加入金は1万円とする。
  2.組合費は月額千円とする。
  3.組合員が病気(入院10日以上)は見舞金三千円を贈る。
  4.組合員本人が死亡した時は香典五千円、同居の親族が死亡したときは香典三千円を贈る。
以上